BLOG

変化のきっかけは
日々の気づきから。
もっと深まる。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Vocal Mechanics / 声の機能
  4. 呼吸と横隔膜

呼吸と横隔膜

長いフレーズで息が続かない。

これは多くの人が抱える
悩みのひとつだと思います。

歌手や吹奏楽器奏者にとって、
いかに息を使うか、
については
永遠のテーマと言ってもよいほどに、
最重要課題のひとつとして取り扱われます。

歌う際には、

  • 腹式呼吸を使って
    息を深くたくさん取り込むように
  • 息をたくさん流して
  • お腹でしっかりと声を支えて

などと教わってきた人も多いと思います。

また、呼吸法とは教わるものだ、
練習するものだ、
と思っている人も多いかもしれません。
呼吸筋を鍛える歌手も多くいます。

けれども、このような呼吸に対する
間違ったアイディアが元で、
歌の楽器である喉の機能を損ね、
呼吸器官全体の機能不全までを
引き起こしているケースが多くあります。

  • 声が疲れやすい。
  • 高音が出しにくい。
  • 声に芯がない。
  • 声にボリュームがない。
  • 声の衰えを感じる。
  • 息が続かない。

などの悩みは、多くの場合、
呼吸に対する間違った認識の元に
引き起こされるものです。

もう一度、発声と呼吸のメカニズムについて、
考え直してみませんか?
今までの概念が大きく覆るかもしれません。

今回は、呼吸についてのお話です。

腹式呼吸はダメ

呼吸法は存在しない。

腹式呼吸はNG行為です!
腹式呼吸は誤りです。

これを聞いてどう思いますか?
今まで聞いてきた話と違うよ!
と思うかもしれません。

声楽発声と言えば、腹式呼吸!
と当然のように信じている人が
ほとんどだと思います。

よくある声楽レッスンでも、
「まずは腹式呼吸の練習から始めましょう。
息を深く吸い込みましょう。」
と教えられます。

腹式呼吸の他にも、
胸式呼吸、
肩甲骨呼吸など、
様々な呼吸型が存在しますが、
これらは全て、
呼吸における呼気(吸い込む息)の方法表した用語です。

このことからも、
呼吸法=息の吸い方
と言わんばかりに、
いかに吸うことのみに重点が置かれているか、
ということがわかります。

実際には、息をいかに吐くか、
ということの方が重要なのですが、
それについてはもう少し後でお話しします。

これらの呼吸型の中には、
本質的に正しい、
と言えるものはひとつもありません。

いずれも呼吸の際、
どこか一部を働かせすぎていたり、
どこかの部分が全く協力していない、
というような、
本来の機能に反した、
いびつで不自然な呼吸です。

何よりも呼吸には『方式』というものはあり得ないのです。
方式的な『呼吸法』のようなものは、
どんなものでも全て避けた方が良いです。

ほとんどの場合、反自然的で、
人工的なことをやらせようとしているからです。

なぜ腹式呼吸が流行ったのか?

ではなぜ腹式呼吸が広く推奨されるようになったのでしょうか?

一般的に腹式呼吸の利点は、
腹壁を緩めることで
たくさんの息を取り入れることができる、
と広く教えられています。

そして、もうひとつは、
咽頭(のど)をリラックス(脱力)させるため、
とも言われています。

確かに、腹壁を緩めることで、
咽頭器官をリラックスさせることはできます。

呼吸器官と咽頭(のど)の筋肉の緊張度は、
ほぼ一致しているので、
一方が緩めば、もう一方も緩みます。

けれどもその結果、
呼吸器官は弱まり、
咽頭器官までもが弱ってしまうのです。

咽頭の筋肉が緩み、弱ってしまうと、
歌の楽器としての機能を果たすことはできなくなります。

そしてこういう場合、ほとんどの人が、
呼気圧を加えることや、
呼気(息)をたくさん流すことによって、
発声器官の機能の不足を補おうとします。

それが、『息を流して!』
と至るところで言われる所以です。

けれども、喉が機能していない状態では、
どれだけ息を流しても、
その一部は声に使われず逃げてしまいます。

長いフレーズで息が保たない、
というのはこのことが原因です。

呼吸筋の働きが衰えはじめたな、
声が衰えてきたな、
高音が出にくいな。
と感じる人がいたら、
それらの原因も腹式呼吸にあるかもしれません。

そしてもうひとつ、
腹式呼吸信仰の元になったと考えられるのが、
声の支えについての誤った見解です。

声を支えるとはどういうこと?

『支えをしっかり!』などと、
レッスンで言われたことのある人も
多いと思います。

声の支えるということは、
声を安定させることを目的に
用いられる表現です。

ではこの場合、
声を支える要因とは一体なんでしょうか?

それは呼吸ではありません!

一般的には
息の流れが声の活動力を生む、
喉の運動性を高める、
声帯の振動を強化する、
などと教えられることがほとんどです。

息の流れこそが、
発声の際の最大の稼働力(エンジン)である。

という大きな誤解によって、
『声をお腹(腹式呼吸)で支えて!』
という誤った指導法が生まれてしまったのです。

呼吸器官と咽頭(のど)は、
同時に活動してはじめて、
お互いが機能します。

絶対に、一方(呼吸)によって、
一方(咽頭)を支える、
ということにはならないのです。

咽頭(のど)の筋肉が
正しく緊張することで、
声は支えられます。

咽頭の働きが活発に行われることで、
呼吸器官をも同時に活動させることができるのです。

喉と呼吸器官はセットで機能する

歌う際に、
呼吸器官とは切っても切り離せないほどに、
行動を共にしている器官があります。

それが咽頭(のど)です!

呼吸器官と咽頭は協力して働いています。

呼吸器官と咽頭が協力し合っていなければ、
歌声を生み出すことはできません。

横隔膜によって息を出す準備が促されると、
自然反射的に咽頭と呼吸器官の間に、
連携が成立する、という仕組みです。

つまり、呼吸器官と咽頭は、
2つの部分が一緒になってはじめて、
よく機能する歌声を
作り上げることができるのです。

このことからも、
歌手にとっての呼吸練習とは、
咽頭が練習相手として参加したとき、
つまり、発声練習の中でのみ、
その成果は得られます。

声を出さない呼吸練習は、
あまり意味をなさない、
ということです。

声楽発声において、
正しい呼吸というのは、
咽頭(のど)が正しく機能してはじめて、
成立するものです。

歌手の呼吸は、
咽頭(のど)の働きの良し悪しにかかっている、
と言っても過言ではありません。

だからこそ、声楽を学ぶ上で、
咽頭(のど)の筋肉を正しく機能させることこそが、
取り組まなくてはいけない
第一案件なのです。

横隔膜の機能

呼吸のことを語る上で欠かせないのが、
横隔膜の働きについてです。

横隔膜は、
呼吸を促す唯一の筋肉、
と言われています。

横隔膜については、
ミステリーのような
不思議な機能や性質が
認められています。

お母さんの子宮の中にいる胎児の体内では、
心臓と横隔膜だけが、
活発に休むことなく動き続けているそうです。

それほどに、横隔膜の機能というのは、
呼吸だけでなく、
体全体の機能を促す、
リーダー的な役割を担っている
存在なのだそうです。

実際に、横隔膜の機能が高められると、
肺の機能はもちろん、
その他全ての臓器の機能も
活性化されることが認められています。

横隔膜の働きは、
私たちの健康にも
大きく影響しているということです!

呼吸の際には、
肺にたくさんの空気を吸い込んだとき、
横隔膜の筋肉は緩み、
肺の空気が少ない時は、
横隔膜の緊張性が高まる

という基本的なメカニズムが存在します。

つまり、横隔膜の緊張度は、
肺の空気の量によって
調整されるということです。

横隔膜が収縮(緊張)することによって、
歌う際、息が無駄に流れ出してしまわないように、
呼気を調整します。

その過程と同時に、
声門は閉じて、声帯が引き伸ばされる、
ということも起こります。

つまり、横隔膜の収縮をきっかけに、
咽頭と呼吸器官との連携が成立する、
という仕組みです。

この横隔膜の働きによって、
のどを取り巻く筋肉群が
より活動的になるとも言われています。

また、横隔膜の筋肉の多くは、
腹壁ではなく、背中内側に存在しています。

よって歌う際には、
背中に横隔膜の収縮(緊張)が多く感じられるはずです。

それ以外は基本的に、
歌う際に、横隔膜に対して、
意識を払う必要はありません。

当然、息を圧迫して、
横隔膜をわざと固く収縮させることで
お腹を固くしたり、
お腹を広げるようなイメージも、
全く必要ありません。

歌うために、たくさんの息は必要ありません。

声にするのにちょうど必要な分量の息が、
声帯に導かれさえすれば、
それで十分なのです。

わずかな空気を
わずかな圧力で
送り出すことができるようになったとき、
良い発声は可能になるのです。

息をたくさん吸い込んだところで、
息が長くなるわけではなく、
むしろその逆で、呼吸は浅くなるとも言われています。

呼吸は息を吐くことから始まる

呼吸というと、多くの人は、
息の吸い方(inhale)にしか目を向けません。

けれども、私たちの呼吸のプロセスに
息を吸うという行為は存在しない、
と言っても良いほどに、
意識を向ける必要がありません。

息を吸うことに意識を働かせるということは、
自然に則った呼吸の流れを
見出すことになります。

息の吸い方については、
考えるまでもない、
ということです。

息を吸うということは、
私たち人間にとって衝動(impuls)です。

体から息が完全に抜け切ると、
胸の中心あたりの神経系から脳に、
『酸素が必要だ!』
という指令が伝わります。

脳がその指令を感知することで、
自然と体に必要な酸素が取り込まれる、
というのが呼吸の一連の流れです。

正しく息を吐き切ることではじめて、
衝動が促され、
より深い呼気が体に取り入れられます。

つまり、
正しく息を吐く方法を習得しないうちは、
決して正しく息を吸うこともできない、
ということです。

また、気管支の最末端の空気を
しぼり出して初めて(息を吐き切って)、
新しい空気が入る、
ということがわかっています。

肺に息が入り過ぎていると、
気管には吐き切れなかった呼気が
残ってしまいます。

その結果、
新しい空気を十分に取り入れることが
できなくなります

それが、
息を深くたくさん吸おうとする人の呼吸は浅い、
と言われる理由です。

それだけでなく、
残った呼気(二酸化炭素)が気管にとどまることで、
ウイルスなどの温床となり、
風邪を引きやすくなります。

歌手が風邪をひきやすいのもこのためです。

演奏をする上で、
息を吐くという行為は、
ため息をつくようなものでも、
脱力やリラクゼーションのようなものでもありません。

それはコントロールされたアクティブな行為です。

力強く息を吐くためには、
呼吸筋と言われる、
腹筋、背筋、胸筋、肋骨筋、臀筋(でんきん)など、
多くの筋肉がよく働くことが重要です。
これらの筋肉の運動神経が悪いと、
横隔膜の収縮が十分に行えません。

ではどうやったら、
横隔膜を十分に機能させることができるのでしょうか?

横隔膜の働きや、その収縮度は、
出された声の音色から、
はっきりと聞き出すことができます。

聴覚を使って、
「美しく機能する音色」
を導き出す過程においてのみ、
横隔膜の働きを呼び起こし、
訓練していくことができます。

そのためには、
発声器官で起きる生理学的過程を
耳で聞き分けることができるようになるまで、
聴覚も同時にトレーニングしていく必要があるのです。

『感じることも、触れることも、見ることも出来ない』
咽頭や横隔膜(呼吸筋の働き)を
トレーニングする難しさがそこにあります。

締め 

『息や、息の圧力が発声の際の稼働力である。』
という誤解が元で、
様々な呼吸に関する誤った情報が
広まってしまいました。

その結果、間違った体の使い方、
ブレスコントロールなどが教えられています。

今一度、呼吸についても、
『生理学的に正しい機能=本来の自然な機能』に
立ち返ってみる必要があると思います。

呼吸法とは学ぶものではありません。
そのあり方に気づいていくものです。

私たちの中に備わっている
本来の機能に気づいていくことでしか、
呼吸の在り方を紐解くことはできません。

アレクサンダーテクニークというメソッドは有名ですが、
アレクサンダーさんは元々、
『BREATHING MAN(呼吸の人)』
と呼ばれていました。

それほどに、呼吸を紐解くことは、
私たちの身体の機能や在り方を
根本から見つめていくことでもあります。

この文章が、多くの人々の気づきのきっかけになりますように。

私は歌うためには、花の香りをかぐ程度にしか、息を吸わない。

マッティア・バッティスティーニ (Mattia Battistini)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事