BLOG

変化のきっかけは
日々の気づきから。
もっと深まる。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 脱競争への道は、サウンドを磨くところから

脱競争への道は、サウンドを磨くところから

心が動かされるような、
別次元に素晴らしい演奏を
聞いたことはありますか?

何かが違う特別な演奏。

語りかけてくるような
説得力のある表現。

最近はYoutube動画などでも、
偉大な音楽家たちの演奏が
気軽に聴けるようになりました。

それは正にオンリーワンな演奏。
誰かと比べることすらも
はばかられるような
彼らにしか奏でられない音。

そんな素晴らしい演奏と、
その他大勢の演奏とでは、
一体何が大きく違うのでしょうか?

自分の演奏が、
オンリーワンの、
自分だけの表現になっていくためには、
人と競い合うステージからは
脱出していかなければいけません。

競い合うことに疲弊していたり、
分かっていても
ついつい人と比べてしまう、
そんな人も多いと思います。

ではどうやったら
競い合うステージから
抜け出せるのでしょうか?

人と比べるのではなく、
満足感と幸福感を使って、
音楽家として生きていきたい。
と思っている人向けです。

なぜ競争が良くないのか

切磋琢磨して、
揉まれて揉まれて成長する。

こんな言葉は聞いたことがあると思います。

私たちは、
人と同じようなことをしようとすると、
ついつい人と比べては、
落ち込んだり、
競い合ったりしてしまうものです。

つまり、人と自分を比べているうちは、
他の誰かと似たような演奏しか
できなくなる、ということです。

人と競い合うことは、
人のことばかりが気になって、
自分のことを見れていない状態です。

隣の庭ばかりが気になって、
自分の庭の手入れが
おろそかになっているような。

つまり、成長することを
自分で止めているようなものです。

まず大事なことは、
『自分のサウンドは自分だけのもの』
ということを悟ることです。

自分より速いテンポで演奏できる人は
たくさんいます。
自分より指が速く動く人も
自分より高音が出る人も
たくさんいます。

けれども、
他の誰にもあなたのサウンドは
真似できません。

他の誰かのサウンドを
真似ることもできません。

オンリーワンの演奏家であるためには、
自分だけのサウンドを
磨き、育んでいくことです。

良い演奏には、良いサウンドがある

音楽家なら、
誰にでもサウンドはあるんじゃない?

サウンドがあるって、
大きな音を鳴らせるってこと?
声量があるってこと?

こんな風に思う人も多いかもしれません。

けれども実際には、
本当のサウンドを持っている音楽家、
というのはとても少ないんです。

良い音楽家になっていくためには、
このサウンドに対するテイストを
養っていく必要があります。

それはつまり、
何を持って良いサウンドなのか、
という感性を養っていくことです。

たとえ表現のチョイスが、
多少自分好みじゃなかったとしても

それでも、良いサウンドを持っている
ということは、
その人が良い音楽家である、
と言い切れるくらいの
パワーがあります。

それくらい、
サウンドがあるのとないのとでは、
音楽家として、
全く違うステージの話なのです。

良いサウンドの聞き分け方

良いサウンドとは
どのようなものをいうのでしょうか?

その特徴は以下のようなものです。

  • 生命力に溢れている。
  • 一切の雑味がなく、ピュアで純度が高い。
  • まるで生き物のように、
    エネルギーに満ちている。

  • 躍動感があり、モーションが感じられる。
  • 内に秘めた力強さ、激しさ、情熱、勢いがある。
    インテンシティ(INTENSITY)

決して直接的ではない、
内に秘めたサウンド、
というところがポイントで、
インテンシティ(INTENSITY)は、
サウンドの核となる部分でもあります。

良い音楽とは、
どこを切り取っても、
サウンドの中にインテンシティが
途切れることなく
存在しています。

では、サウンドを持っていない音楽家が
奏でている音とは、
一体どんなものなのでしょうか?

  • 聴いていて心地良くない。
  • モーションが感じられない。
    サウンドが止まっている。

  • 雑味がある。
  • ごちゃごちゃしたカオスな音。
    サウンドが均一ではない。

  • 音楽の流れを遮断するような息継ぎの音。
  • 音の中に混じったシャーシャーとした息の音。
  • 鍵盤やキーを叩く打鍵音。

これらはサウンドとは言いません。

良いサウンドのつくり方

では、自分だけのサウンドを
見出していくためには
どうしたら良いのでしょうか?

それは、正しい体の使い方を学ぶことです。

正しく体を使うことで、
体は機能します。

歌の場合は、
体が楽器そのものなので、
体を楽器として機能させることです。

器楽奏者で言えば、
身体(自己)を正しく機能させることで、
楽器を正しく取り扱うことができるようになります。

なぜ体を使うと良いのか

生命力溢れるサウンドを生み出すためには、
サウンドに全身全霊を傾けなくてはいけません。

どこにも無駄な頑張りや、
無理がかかることなく、
且つ、
全てのエネルギーを
サウンドに注ぎ込むためには、
身体を正しく使う必要があります。

体のある一部だけを働かせていたり、
体が正しく機能していない状態では、
サウンドは生み出せないということです。

演奏のためのテクニックを学ぶことは、
すなわち、
体全体を正しく機能させる、
ということです。

テクニックとは、
難しいことをやってのける技
ではありません。

私たち自身が正しく機能すれば、
ただ美しいサウンドが、
オンリーワンのサウンドが
生みだせるのです。

サウンドこそが表現そのもの

体の機能が歪められていたり、
体のある一部だけが働かされていたり、
体全体が正しく使い切れていない場合、
サウンドは表面的で、
薄っぺらい表現にしかなりません。

どこか可愛らしくて
甘酸っぱいだけの、
幼い表現。

生命力の感じられない、
死んだような表現、
とも言えます。

一方、インテンシティに満ちたサウンドは、
それだけで表現として成立します。

それは、
心のど真ん中から放たれるような、
人の心を打つ、
人間の本質に迫るような表現です。

また、サウンドを持ってはじめて、
それを明るくしたり、
暗くしたり、
ふくらませたり、
圧縮したり、
様々な音響効果を
生み出すことができるようになります。

色とりどりのサウンド、
フォルテ、ピアノ、
クレシェンド、などのダイナミクス、
アーティキュレーション、

これらはすべて、
サウンドを持ってはじめて
表現することができるものなのです。

サウンドが磨かれていなければ、
表面上で何かをやろうとしているだけの、
空っぽな音楽になってしまいます。

どれだけ達者に指が動いても、
速いテンポで演奏できても、
心を込めて演奏したとしても、
サウンドなしには、
表現にはなりません。

締め

競い合うステージから抜け出す、
ということは、
コンクールを受けない
ということとは違います。

コンクールの結果によって
一喜一憂するのではなく、
コンクールは
自分が成長するための
トレーニングツールとして使うことで、
より意義のある経験になります。

そして、
『あ、よくある演奏とは
何かが違う演奏だな。』

こんな風に感じてもらえたら、
それは喜ばしいことです。

自分のサウンドを磨いていく先にこそ、
音楽家としての
幸せな生き方があると思います。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事