BLOG

変化のきっかけは
日々の気づきから。
もっと深まる。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 良い先生の探し方

良い先生の探し方

どうやったら良い先生に出会えるの?

これは音楽の道を
真剣に歩みたいと思っている人なら、
誰しもが抱える疑問だと思います。

私も大学院を卒業してからの2年間、
今の先生と出会うまで、
なにをどうしていいか、
わからない時期がありました。

音楽というのは
人から学ぶものです。

たった一人の先生に出会うだけで、
音楽人生が劇的に
好転することもあります。

大学や研修所などに属したとしても、
それはそれで経歴としては
残るかもしれませんが、
それだけでは、自分が大きく
変わることにはなりません。

人は人に出会っていくことでしか、
変われません。

どうすれば、音楽家としての
レベルを引き上げてくれる先生に出会えるのか?

どういう先生に出会っていくのが良いのか?

先生選びで気をつけたいこと、
間違いやすいことを
書いていこうと思います。

真剣に音楽の道へ進みたい、
と思っている人向けです。

初心者こそ、先生選びは慎重に!

まだ初心者だから
そこまで慎重にならなくても良い。

歌を嫌いにならないように、
最初は楽しみながら習いたい。

そんな風に思う人も
いるかもしれません。

けれども、
習い始めに覚えたことは、
その後の音楽人生に
良くも悪くも大きな影響を及ぼします。

その後の道を決定づけるほどに、
大事な時期であると言えます。

ここで正しい基礎を
身につけることができなければ、
そこから先で学ぶことは、
全く意味がなくなってしまいます。

土台がなければ、
その上に家は建ちません。

基礎を学ぶ、
ということは、
決して簡単なことではありません。

慣れないことに、
フラストレーションを
感じることもあります。

楽しいばかりではありません。

けれども、ここで我慢して、
しっかりと基礎を身につけることができれば、
そこから先の道は、
うんとスムーズなものになります。

基礎は音楽のすべてです。
そしてプロの音楽家になっても、
基礎は日々磨き続けていくものです。

基礎がその先の音楽人生をつくっていくのです。

初心者を教えます。
プロを目指す人や、
プロの音楽家は教えません。
という先生もいますが、
そういう先生はできれば
避けた方が良いです。

初心者を教える、
ということの大きな責任を
自覚できていない先生である
可能性が高いです。 

良い先生であれば、
初心者を教えます。
とはあえて言いません。

合う合わないは重要ではない!

厳しい先生は嫌だ。
親身に教えてくれる先生が良い。 

優しく指導してくれて、
楽しく歌わせてくれる先生が良い。

こんな風に思う人も多くいると思います。

けれども、音楽を学ぶ上で、
それらは重要なことではありません。

重要なのは、
その先生が実際に

教えてくれる先生かどうかです。

親身に丁寧に教えてくれる先生でも、
正しく導いてくれているとは限りません。

  • 自分が良く変わっているかどうか。
  • 演奏技術が上達しているかどうか。
  • 今までと違う世界を
    見せてくれる先生かどうか。
  • 音楽家としてのレベルを
    引き上げてくれる先生かどうか。
  • あまり良く変わっていない、
    と感じるならば、
    それはなにが原因なのか。

これらのことは、
常に自分に問いかけてみる必要があります。

もし、自分が良くなっている気がしなければ、
早めにその先生から離れた方が良い場合があります。

生徒の自信を失わせる先生や、
権威を使って生徒を従わせるような先生からは、
いうまでもなく
離れた方が良いです。

先生は教祖でも神様でも
ありません。

先生に遠慮したり、
先生との確執を恐れて
自分の音楽人生の貴重な時間を
無駄にすることほど、
残念なことはありません。


音楽を学ぶ、という
本来の目的を
見失わないことです。

有名な指導者、大学の先生が良い指導者とは限らない。

有名であることと、
良い指導者であることは別の話です。

実際に、第一線で活躍する音楽家を
育て上げる指導者たちは、
大学や研修所などで
教えていないことがほとんどです。

なんならどこかの小さな街で、
ひっそりと教えているような
先生だったりします。

私が大学院を卒業したあと、
その先のステージへと引き上げてくれる
先生を探していたとき、
ニューヨークで
有名な指導者や、
有名な大学教授たちのレッスンを
たくさん受けました。

けれども1年以上が過ぎても、この人だ!
という先生には出会えませんでした。

それからしばらくして、
今の先生に出会い、
いくら知識が豊富でも、
その知識を指導に
使えるか、活かせるかは
また別の話なんだ、
ということが分かりました。

たとえ同じようなことを
言っていたとしても、
生徒を一瞬で変えてしまえる先生と、
ただ知識を話しているだけの先生がいます。

大学の先生には、
知識の豊富な先生が多くいますが、
それと、
教えられる先生かどうかは、
別の話だということです。

知識に惑わされず、
本当に教えてくれる先生かを
判断することは大事なことです。

どんな先生が良い先生?

  • 良い演奏家であること。

良い先生であるためには、
その先生が良い演奏家であることは
とても大事です。

歌の場合は、
自分が実際に実演できなければ、
それを教えることもできません。

実演できない、ということは、
聞き分けられる耳を持っていない、
ということだからです。
先生は、聴くのが一番の仕事です。

  • 良いテイストを持っていること。

良い音楽に対するアイディアや
感性を持っていることも、
とても大事です。

自分の専門楽器に関わらず、
なぜそれが良い楽曲なのか、
良い演奏なのか
を判断できる感性が
磨かれているかどうかは、
指導する上でとても大切なことです。

  • 大きな変化を体験したことのある人。

良い先生の多くは、
大きな変化を体験していたりします。
それはつまり、
音楽家としての転換期を乗り越え、
ステージを上げながら進んできた人たちです。

比較的順調に音楽家として
成功をした人よりも、
挫折やうまくいかない時期を経て、
たくさんの気づきや学びを
獲得した経験のある先生の方が、
そのプロセスの歩み方を知っている分、
良い指導者であることも多いです。

  • 常に学び続けている人。

良い指導者はいつでも学び続けています。
研究し続けています。

学ぶことをやめた人は、
成長することをやめた人です。

生徒を良く変えることのできる先生は、
自らも変わり続ける
姿勢を持っている先生です。

締め

誰と出会うか、
誰に教わるかで、
音楽人生は決まる、
と言っても過言ではありません。

日本には上下関係がはっきりと存在し、
先生と生徒の間にも
距離があります。

これは音楽を学ぶ上では
実は弊害でもあります。

人と深く関わることなく、
音楽を学ぶことはできません。

音楽を学ぶということは、
音楽家としての生き方、考え方、あり方
にまでも関わることだからです。

それは依存することとは違います。

むしろその逆で、
本当に教えてくれる人の元で学ぶと、
自分の中に力が湧いてくるのが分かります

自分に力を取り戻し、
自分の足で歩んでいけるように
指導してくれる先生こそが、
本当に良い先生と言えるのだと思います。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事