BLOG

変化のきっかけは
日々の気づきから。
もっと深まる。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Vocal Mechanics / 声の機能
  4. 正しい緊張(テンション)とリラックス

正しい緊張(テンション)とリラックス

行き過ぎたリラックス(脱力)

もっとリラックスして。
喉や顎、舌に力が入らないように。
力まないように。力を抜いて。

誰しもが一度は言われたり聞いたりした
決まり文句ではないでしょうか?

思考や身体がリラックスすることは
とても大切なことです
けれども喉が
脱力(リラックス)し過ぎていると、
歌の楽器としての機能は果たせません。

ところが多くの人々は、
この『リラックス信仰』にはまり、
本来の『歌の楽器』である
咽頭(のど)を機能させる、
ということから外れて、
息のコントロールで響きを獲得しようとばかりしています。

響きとは単に、
咽頭(のど)の機能がよく働いているか、
いないかの結果に過ぎません。

響きは、のどの筋肉運動によって
作り出される結果です。

筋肉を働かせることもできないうちから、
共鳴腔(鼻腔など)へ響かせることで
音響効果を得ようとすることは誤りです。

また、のどがリラックスしている
というのは、
のどが無力で
麻痺したような状態のことを言います。
のどの筋肉にしまりがなく、
しなびた状態のことです。

そのような状態で歌う場合、
多くの歌手は、呼気圧を加えて、
息(呼気)を過剰に使うことで、
咽頭(のど)の機能不足を補おうとします。

誤った指導法によって、
『息をたくさん吸って。』
『息をたくさん流して。』
と言われるのはこのためです。

けれどもその際、
咽頭(のど)は必要以上の
息(呼気)によって、
強制的に働かされることで、
硬直してしまいます。

しなびた筋肉というのは
本来硬直しやすい、
という性質を持っています。

つまり、喉をリラックスさせようとすればするほどに、
喉は硬直してしまうのです。

では『喉が機能している』というのは
どういう状態のことを言うのでしょうか?

『歌の楽器』である喉を機能させるために
もっとも大事なことのひとつは、
正しい緊張(テンション)を保持することです。

リラックスとは一見真逆とも思える緊張(テンション)こそが、声を機能させるためになくてはならないものなのです。

今回は、その正しい緊張についてのお話です。

正しい緊張ってなに?

緊張にも、ねじ曲げられたような
ストレスのかかった緊張や、(過緊張)
筋肉がピンと張られて
引き締まることで、
機能を発揮できる
緊張があります。

多くの指導者は、
この過緊張を『悪い癖』とみなし、
それを取り除くために、
まずはリラックスして
脱力することを教えます。

でもこれでは、何にも寄りかかることができず、
サウンドは安定性を欠き、
コントロールも効きません。

結果として、
喉の機能を脱落させることになってしまいます。

また、喉の機能の脱落が、
更なる過緊張を生むことにも繋がっていきます。
それはまるで負のループです。

正しい種類の正しい量の緊張を理解し、
それを生み出すための
テクニックが習得できると、
本来備わっている
喉の機能は発揮され、
過緊張は自然と
取り除かれていきます。

私たちの健康な体には、
『緊張性』(持続的緊張)が存在しており、
それによって生体は支えられています。

健康な筋肉というのは、
積極的な運動をしている、
いないに関わらず、
この緊張を内部に持っています。

緊張と聞くと、
張り詰めたような強張ったような
イメージを抱くかもしれませんが、
そうではなく、
健康的な筋肉が持つ張力
捉えると分かりやすいかもしれません。

その緊張性は、
筋肉が収縮しても、
緩んだとしても、
変わらず存続しています。

緊張性を帯びた中に存在する弛緩(緩み)なのか、
それとも
だらしなく緩んでしまっているのかで、
歌声は大きく変わります。

つまりこの緊張力の持続性によって、
良い声を作り出すことができるのです。

正しい緊張によって生み出されるサウンドとはどんなもの?

正しい緊張は、
ピュアで純度の高い、
密度の濃いサウンド
を生み出します。


歌声の中に、
「焦点」や「声の芯」
を獲得することができます。


よって音程がぼやけることなく、
しっかりとハマります。


けれども、決して
「ピュアである=明るい音色」
ということではありません。


あくまで雑味のない
純度の高いサウンドということです。


またそのサウンドは
INTENSITY
に満ちています。

どういうことかと言うと、
サウンドの中に内に秘めた情熱、
激しさ、エネルギー、
生命力がみなぎっているという事です。

正しい緊張によって生み出された
均整のとれたサウンドは、
どの音域においても、
ダイナミクス、アーティキュレーション、
音色を自由自在に、
使い分けることが可能です。

つまり、サウンドが表現そのものなのです。

音域やダイナミクス(フォルテ、ピアノ)などによって
緊張度は変化しますが、
緊張そのものが失われることはありません。

静かで穏やかなパッセージの中にも
緊張は存在するということです。

そしてその緊張に満ちたサウンドは、
音楽を前へ前へと躍動させる促進力の源でもあります。

一方、しまりのない、
しなびた筋肉から生み出される
サウンドの中には、
どうしても雑音が混ざります。

サウンドが安定性を欠くことで、
音質は均一ではなくなり、
一貫性のないカオスな
サウンドになってしまいます。

声区間はスムーズに移行できず、
レガートも凸凹してしまいます。
強めることのできない
弱々しい「ファルセット」や、
到底歌声には使えない
「胸声」などもその特徴です。

なぜ正しい緊張は必要なのか?

そのことを説明するために、
発声のメカニズムの概要を
簡単に説明しますね。

発声の原因となるのは、
声帯(声帯靭帯)と言われる
二つのひだの振動運動で、
流れ出る息を音に変えるという仕組みです。

これについては
聞いたことのある人も多いと思います。
声帯をしっかりと合わせて
声を出すように、などと
指導されたことのある人もいるかもしれません。

けれどもこの声帯は、
それ自体で、
自力で活動することはできません。

声帯は受動的で、
外からの力によって
働きかけられることで初めて
機能します。

そしてこの働きかけによって、
声帯がピンと引き伸ばされた状態にあるときだけ、
その役割を果たすことができるのです。

よって声帯(声帯靭帯)のことを伸展筋と呼びます。

この外から働きかけられる力というのが、

  • 声唇(せいしん)ー声帯のすぐ側にある筋肉の集合体
  • 咽頭(のど)を取り巻く筋肉の網ー「咽頭懸垂機構」
  • 呼吸器官

によるものです。

これらの3つをひとまとめにして、発声器官と呼びます。

声唇を形成している筋肉が、
声帯の緊張度を
強めたり緩めたりすることに
大きく関わっています。

そして、この声唇は
その役割から緊張筋と呼ばれています。

この声帯(声帯靭帯と声唇)によって、
声の音質から音色、音程までを
自在に操ることが可能なのです。

そしてさらに、
その声帯が自在に機能するために
欠かすことのできないサポート役を担うのが、
咽頭懸垂機構に属する5種類の筋肉です。

それらは、それぞれに固有の働きをしながら、
固有の音色を導き出すことができます。

けれども、これら全ての筋肉たちは、
お互いに大切な協力者である
ということがとても重要なポイントです。

それぞれの筋肉は、
どれひとつとして
自分ひとりの力だけで
独立して働くことはできません。

当然、ひとりだけ休憩する
ということもできません。

発声器官における全ての筋、
筋群たちは団結して働いています。

全ての筋肉が正しく
コーディネートされた上で、
一致団結して働ける状態のときだけ、
それぞれの筋のミッションが
思うままに成し遂げられる
という仕組みです。

全ての運動の機能的な統一なくしては、
歌声は成立し得ない、ということです。

そして、その協力関係を結ぶために必要なことこそが、
正しい緊張なのです。

正しい緊張はどうやって作られるの?

声帯(声帯靭帯と声唇)は、
声帯がピンと引き伸ばされた状態にあるときだけ、
歌声を生みだすことができます。

声帯を引き伸ばすためには、
綱引きのように、
両側から引き合う相手を必要とします。

それこそが、拮抗力といわれる
正しい緊張の正体です。

咽頭を取り巻く筋肉たち(咽頭懸垂機構)によって、
あるものは上方へ引っ張り(引き上げ筋)
あるものは下方へ引っ張る(引き下げ筋)
という風に、
対抗する働き(拮抗作用)によって、
声帯の張力が保たれる、
という仕組みです。

そして、その拮抗は実に4方向にも及びます。

それぞれの拮抗作用や、
その拮抗力の強弱によって、
サウンドの音質や音色
変えることができるのです。
そしてその変化の可能性は
無限にあります。

この咽頭懸垂機構の筋肉というのは、
現代の私たちの日常生活において
ほとんど必要がなく、
歌うこと以外のためには
使われることがありません。

積極的に使われない筋肉というのは、
ただ眠らされているだけではなく、
弱り、減退していきます。

よって、この眠っている筋肉を
呼び覚ますことから、
声のトレーニングを始める必要があります。

このトレーニングには、
長い時間と労力を要します。
しかしながら当然、

咽頭器官においては、
その働きを見ることも、感じることも、
触れることもできません。

ではどうやったら、
この筋肉が正しく働いているかどうかを
判断できるのでしょうか?

それは、出された声の音色から、
はっきりと聞き出すことができます。

また筋肉の働きの度合いについても
測ることができます。

優れた歌手は、発声器官を聞く
と言われるのはこのためで、
発声器官で起きる生理学的過程を
耳で聞き分けることができるようになるまで、
聴覚も同時に
トレーニングしていく必要があるのです。

多くの歌手や指導者たちは、
声帯靭帯そのものについて
触れることはあっても、
咽頭懸垂機構の筋肉の働きについては
あまり触れることなく、
重要視すらしていない
という現実があります。

けれども、声を大にして言いたいことは、
この咽頭懸垂の筋肉の協力
(調和と拮抗)
があってはじめて、
咽頭が歌声のために
機能を果たすことができる

ということです。

正に、喉を『歌の楽器』として
成立させることは、
この筋肉運動の働きにかかっている、
と言っても過言ではないのです。

正しいリラックスとは?

真のリラックスとは、
正しい緊張状態が保たれた上に
成立するものです。

咽頭の筋肉の拮抗作用により、
足場が整い、
しっかりとした軸を
持つことができるようになると、
無駄な緊張は
自然と削ぎ落とされていきます。

結果として、
どこにも無理や無駄のない、
リラックスとも言える状態を
作り出すことができるのです。

舌や顎についても、
盛んにリラックス、
ということをよく言われますが、
それについては最初は特に、
触れられなくても良いことです。

なぜなら、舌の硬直を直すには、
発声器官の正しい使い方を
練習すること以外に方法はなく、
舌を直すことによって、
発声器官を正しく機能させる、
ということは不可能だからです。

舌の硬直は、
発声器官の機能の不足を
補うために起こるものなのです。

実際に様々な曲を歌う上で、
母音や音域によって、

そして咽頭
3つの器官のバランスを
調整していくことは必要ですが、
それはやはり発声器官が、
ある程度機能するようになってからの話です。

締め

ここまで書いてきたことの内容は、
多くの人たちが、
学校などで学んできたこととは
違うことだと思います。

けれども、ここに書かれた内容は、
全て、楽器(のど)を生理学的根拠に基づいて、
機能させるための歌唱法
です。

発声に悩みを抱えている人たちに、
是非知って欲しい、
という思いで書きました。

私たちは「完璧な音楽」を見たいわけではありません。私たちの本質から放たれる「嘘偽りのない、正直な音楽」を見たいのです。そのためには、自分を深く知ることです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 6月 29日

関連記事