あなたは生まれ変わるくらい変わってもいい。

ブログ
自分が制限された小さな箱の中で暮らしている、という感覚を持ったことがありますか?

私たちは、自分たちが思っている以上に小さなテリトリーの中で暮らしています。特に日本にいると、島国ということもあり、隣接する国もありません。ヨーロッパでは、まるで隣の県をまたぐように、外国へ行けてしまいます。地理的にはお隣同士でも、一歩その国に足を踏み入れるだけで、全く空気感が変わります。宗教観や倫理観が違うからです。国のルールも違います。不思議なことに、植物などの自然までもが違ったエネルギーを放っているようにすら感じます。

こうして、常に異国の文化の存在を身近に感じながらの暮らしと、周りを海に囲まれた島国である日本での暮らしとは、大きな隔たりがあることが想像できると思います。どちらが良いとか悪いとかではありません。

 

それはつまり、日本で生活をしていると、自分たちが小さな箱の中で暮らしている、ということが見えにくくなるという事です。同じ日本でも、フリーランサーなのか、会社員や公務員かによっても箱のサイズは変わりますね。

また日本は便利で快適な国ですから、小さな箱の中から余計に出にくいとも言えます。

小さな箱の中で暮らし続けるのも悪いことではありません。(日本がこれから先も安泰であるならば。)

箱の中で決められたルールに従っていれば、それなりに楽しくも暮らしていけます。そしてなにより、あんまり考えなくて済みます。いちいち考えることって、めんどうな事ですしね。

そうしてあんまり何も考えていないと、周りの誰かが考えていることと同じような事しか考えなくなります。

みんながそうしているからというだけで、高校、大学、就職、結婚、子育て、と大体の大枠を前もって決めてしまいます。

『みんながしていることをする=幸せ』、という思い込みの元に、目の前のことをこなしていると、あっという間に時間は過ぎていきます。

 

みんながしていることをすることは、あなたにとっての幸福ですか?
『あなたがやりたいと思っていることは、誰かの思考に影響されてはいませんか?』

 

確かに、夢なんて追いかけなくても、思い描いた自分の理想の暮らしや、なりたい自分に近づけなくても、別に死ぬわけじゃありません。それなりに、穏やかには暮らせるかもしれません。

けれども、自分の人生を生きている、という深い満足感や、幸福感は得られないでしょう。

私らしく幸せを追求していきたい、と思うのであれば、あなたにしかできないことを考えなくてはいけません。それはつまり、その小さな箱の中にいたままでは、叶うことがないのです。

そこから変わっていくためには、まずは小さな箱の中にいる自分、を自覚することです。

今回は、その小さな箱から脱出して、あなたの夢を実現していくために必要なことを書いてみました。

 

良い『指導者』『教育者』『恩師』に出会うこと

自分一人でどれだけ頑張ったとしても、その小さな箱から出ることは難しいと思います。すでに箱の外にいる人に引き上げてもらう必要があります。音楽家であるならば、本当に教えてくれる指導者に出会うことです。
本当の指導者かどうかを見分けるポイントは、その人が今までにあなたが見たことのない世界を見せてくれる人かどうかです。
今まで、山のふもとから見ていた景色ではなく、山頂からはこんなにも広い世界が見渡せるんだよ、ということを教えてくれる人です。
その人はあなたが今までに教わったことのないことをたくさん教えてくれるはずです。なんなら全てが今までに聞いたことのないようなことかもしれません。
その人は、その世界でのルールや、その世界で生き抜くために必要な技術や知識を兼ね備えているでしょう。
そこで大切なことは、『おもしろそう!やってみよう。』と感じることのできる好奇心です。そこで疑念があると新しい世界には飛び込めないのです。

そういう意味では、人生で最も大切なことは好奇心である、とも言えます。

これが次のステージへの扉を開くきっかけだ!おもしろそう!やってみよう!と思えたならば、今まであなたがいた世界のルールに縛られることなく、新しい世界のことをゴクゴクと吸収していって下さい。

きっと最初は戸惑いながらも、『なんだかよく分からないけれど、説明のつかないような心地良さだな、いい気分だな。』くらいが正直な感想だと思います。

うーん、分かった!!みたいな爽快、明解なことではないはずなのです。でもそれは当然のことです。だって、新しい世界での初めての経験なのですから。

そのベイビーステップ(小さな歩み)こそが、小さな箱の世界での思考、つまり凝り固まった思考を少しずつ開放していくためのプロセスなのです。一枚一枚『恐れ』を剥がしていくようなプロセスです。

ベイビーステップのように見える歩みこそが、結果として大きな変化に繋がっていく、というのが大事なポイントです。

 

そしてあるとき、以前の自分とは全く違う自分になっていることに気づくはずです。逆に言うと、それくらいあなたを変えることのできる指導者たちに出会っていかなくては、新しいステージへの扉は開きませんよ!ということです。

自分の今いる場所を知ること

現実を見る、という事です。これは私も苦手なことでした。プライドが高い人にとっては特に苦手なことかもしれません。人は基本的に、自分にとって都合の良い、耳心地の良い情報に惹きつけられます。そしてそれとは逆に、知りたくない現実は、本能レベルで回避しようとします。

だからこそ現実を突きつけられると、チクッとします。できることならば、励まされたり、褒められて成長する方が、気分が良いですよね?!(笑)傷つかずに済みますし。

でも私の経験から言うと、それだと膨大な時間を無駄にしてしまいます。後になって振り返ると、良い先生だったんだけど、結局何を学んだか思い出せない、みたいなことです。

痛い現実を目の前にしないと、人って真剣に考えないものだからです。今までの延長戦上で、なんとかやっていけると思って、粘ってしまうのです。

言ってみれば、そこに傷があるのに、傷を見ようとせず、絆創膏を貼って傷を隠そうとしているようなものです。本当に傷を癒すためには、その傷をしっかりと診る必要があるのです。

だから、本当のこと(現実)を言ってくれる人はとても貴重な存在なのです。

私自身のことを振り返っても、その時その時で、私が真剣に自分と向き合うきっかけになったのは、先生たちに言われた、チクッとくる言葉でした。最初は意味が分からないし、ムッとするんですけどね。(笑)ムッとするので、しばらく頭の中でその言葉がグルグルします。そしてある日、ふと目が醒めたように、納得するのです。そして、イラッから感謝に変わるのです。

イラッとしたら自分と向き合うチャンス、学びのチャンス、くらいに思っておくと良いと思います。そしてそのパターンがわかってくると、そこまでイラッともしなくなりますよ。

次のステージへ行くことを決めること

新しい世界でのルールを学び、そこで生き抜くために必要な技術を身につけることは時間のかかることです。一筋縄ではいかないこともありますが、やはりそこは覚悟を決めて、粘る時期でもあります。そういう時期も人生には必要です。

その時期を抜けて、あなたの周りの空気が澄み渡ったタイミングで、あなたは新しいステージへと自らの歩みを進めなくてはいけません。それはあなたが本来のあなたになって、より発揮できるステージです。

たとえあなたの中身が大革命を起こすほどに変化したとしても、あなたがそこから一歩を踏み出さなければ、現実は何も変わりません。逆に言うと、あなたの中身が変わったということは、それを現実に反映させられる、ということなのです。あなたには現実を変える力があるということです。

そのための次のステージへは自分で決めて、自らの歩みで進んでいくしかありません。誰かが、『今日からあなたは次のステージへ進んでも良いですよ。』などと許可証をくれるわけもありません。

コンクールで優勝したから、名門大学を卒業したから、大きな舞台での本番を経験したから、といって、明日からあなたは次のステージへ行っていいですよ、ということではないのです。

次のステージへ行くかは、自分で決めて行動することです。自分で自分に許可を与えるのです。

 

人は人生の中で何回でも変身できるのだと思います。それも生まれ変わるように。

今までのことはなかったことにするくらい変身できるのです。

世界中の人々を魅了するスターだって、生まれついてスターだったわけではありません。何度もトランスフォーメーション(変身)を遂げながら、スターへの道を歩んだはずなのです。

多くの人は、スターを見て、『彼らは元々才能があったのよ。』『彼らは生まれ持った声が良かったのよ。』などと思うかもしれません。

いいえ。彼らがずば抜けて特別だった、などということはありません。

彼らだって、私たちと同じ人間です。自分で自分を高めながら、何度もステージを上げ、変身していった結果が、彼らをスターへと押し上げた、ということです。

 

あなたが今、ここから変化していく道を選んだなら、あなたは絶対に変わっていけます!

あなたの思考があなたの行動を決めています。

 

IMAミュージックアカデミーを立ち上げるときに私が書いた文章です。

 

唯一無二の存在であるあなただけのサウンド、表現にこそあなたが音楽家として存在する意義がある。あなたの音楽があなた自身のサウンド、表現であるためには、あなたの生き方、考え方、信念をも変えなくてはいけないかもしれない。なぜなら、あなたの思考や信念が、あなたの行動を作っているから。そしてその行動が、あなた自身(心、体、魂)の使い方に繋がっているから。 

 優れた演奏家、歌手、指揮者は、自己(体、 心、魂)の使い方を知っている。自己を正しく使うことで、自己を機能させることができる。

 全ては一つで繋がっている。あなたの無限の可能性に制限をかけているのは、あなた自身の思考や信念かもしれない。あなた自身が機能することで、音楽はあなたの内側から自然と湧いてくる。全ては内側から。サウンドも、表現も、自信も、勇気も、喜びも。

 目覚めのとき。全てはそこから始まる。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました